Tokyoから世界を眺めてみる

国際投資でファイナンシャルインディペンデンスを目指している30代後半会社員のブログ。

またまたご無沙汰しています。

今年の夏からtwitterを始めましたがtwitterを始めるとblogを書くのがますます億劫になります。twitterは記事にタイトルもないし、思いついたことをつぶやくだけ。blogを書くのは一つの作業のような気がします。blogもコンシューマーのネットへの参加の障壁を下げましたが、twitterによってますます障壁がなくなりつつあります。
続きを読む

しばらく前の話になりますが夏休みは香港に行ってきました。2004年に初めていった以来、通算6回目となります。続きを読む

民主党が歴史的な大勝利をおさめました。私も民主に投票しましたが、決して民主党が良い政党だから投票したわけではありません。

続きを読む

例年夏休みは海外旅行に行っていましたが、今年は3日、2日、3日と分散して休むことにしました。仕事の関係でまとめてだと取りにくいのと、夏はやっぱり暑いのでうまく休みながらやりたいなぁ、という理由です。

で何をやっているかというと最初の3日、2日は英会話の集中レッスンに行っています。やはり週一回通ったりするよりは短期で集中した方が効果的です。このレッスン中に多少ブレイクスルーした感はあります。

残りの3日は土日と合わせて5連休にしてどこかに旅立とうかと。香港が第一候補ですが、どこになるかはわかりません。5日あれば米国にも行けますし、他のアジアの国かもしれません。ここが本当の夏休みで日本から離れてちょっと頭をクールダウンさせようかと。

この日本から離れるというのは私にとっては非常に重要です。日本にいるだけだと頭が固まってしまいますし、発想も広がりません。年に数回は脱出して頭をリフレッシュさせないと。といっても海外でもネットにアクセスするので日本からは離れられないんですけどね。

去年は香港、韓国、マレーシア、サンフランシスコと4回旅行しましたが、今年は大学院に入学した関係で台湾に行ったのみ。うまく時間を調整してどこかに行きたいです。

久しぶりにログインしました。

最近はというと大学院も夏休みでちょっとダラけた日々。英語の勉強をしたり、興味のある本を読んだりしてのんびり(?)過ごしています。

社会人学生にとってはこの夏休みはいらないんですけどね。もっと詰めて早く卒業できるようにしてほしい。それか年を4学期ぐらいに分けて1学期の負担を少なくするとか。期末にレポートとテストとケース分析、グループワークなんかが重なると本業である仕事と相まって殺人的なスケジュールになってしまうので。。

株の方はだいぶ回復してきました。日本、中国、米国いずれも。スタバも復活してきたし、資源系も一時の落ち込みは脱しました。損益的にもプラスになったかな??

今後の投資方針としては、やはりバリュー投資を丁寧に行っていこうかな、と。テクニカルな投資は向いてませんし、ファイナンスの分析スキルは多少は持っていると思うので時間をかけて調査して投資していこうと考えています。

最近ある証券分析の本を購入しましたがこちらの内容が非常によかったです。こういった本を読み込んで自分の軸にしていければな、と考えています。今まではある程度分析もしてましたが、最後は勘で買ってました。今後はグレアム流、バフェット流を極めていきます。

あと銘柄は絞り込んでいきます。日本株で10銘柄、中国株で9銘柄、米国株(米国市場に上場している株)で6銘柄、ETFは2銘柄保有していますがちょっと多すぎて管理ができません。

日本株は今後は優待しか狙わないので銘柄はしぼれませんが、中国株は徐々に少なくしていき、米国株中心にROEの高い国際優良銘柄に投資しようと思っています。ETFはお手軽なので持ち続けますが。ちなみに保有しているのはMSCI KokusaiとMSCI Emergingの2つです。完璧に橘玲信者です。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術
クチコミを見る

18日からiPhone OS 3.0の配布が始まりますが、日本時間で2時から配布開始という噂が流れており現在パソコンにiPhoneを接続して待機しています。

4月に購入してから早2ヶ月半。すっかりなくてはならないものになっています。ほんとiPhoneのない生活は考えられない。

続きを読む

ビジネススクールでの生活が始まりました。昼間働いて夜に通学するのはタフな生活ですが、時間をうまくやり繰りするしかありません。

以下はこの2年間の大まかな目標です。

1.徹底的に地頭を鍛える
2.自分自身のビジネス観を確立する
3.英語力をブラッシュアップする

マーケティングやファイナンス等のハードスキルを身につけるというのは言わずもがなです。優秀な同期の方々に触発を受けながら自分自身を人間的にも磨き続ける、そんな2年間にできたらと思います。


このページのトップヘ