Tokyoから世界を眺めてみる

国際投資でファイナンシャルインディペンデンスを目指している30代後半会社員のブログ。

9/11は夏休みで日本から脱出する予定なので本日投票してきました。区役所は意外にも投票に来た人で混雑していました。今回の選挙は注目度が高いですね。

自民党、民主党どちらが勝つのであれ、改革路線で日本は良い方向に向かっていると思います。みんなが中産階級で幸せになる世の中は終わりですね。ますます自己責任の世の中になりつつあります。

選挙の結果が非常に気になりますが香港で売っている日経新聞を手に入れてチェックします。海外のメディアのニュースもダイレクトにウォッチできるから楽しみでもあります。

今年の阪神は選手層が厚く非常に強い。
しかしながら岡田監督の采配はダメだと思う。
ウィリアムス、藤川、久保田はいい投手でセリーグ最強の
リリーフ陣だが毎日投げさせていては疲れがたまる。来年活躍
できるかがすごく心配。このような監督采配であれば誰でも
できるのではないか。

これほどリーダーシップを発揮している総理大臣はいなかった。自己の信念を貫き、ほとんど捻じ曲がることがない。今までの総理大臣はどうでも良い人ばっかりだったと思う。

多分小泉は吉田や中曽根などとともに歴史に残る総理だと思う。

郵政民営化が必要か必要でないかと言われるともちろん必要に違いない。理由はすべてが民でカバーできる範囲だから。造反議員は自民党の支持基盤である全国の郵便局員の使い走りです。なぜ彼らが当選するかというと多くの人が選挙権を放棄しているから。権利を行使する人に利権が回ってくるようになっている。だから次の選挙は是非権利を行使しましょう。

21世紀の政治のKeywordは「小さな政府」と「地方分権」だと思います。民主党の掲げる年金改革は本質的な問題ではない。大事なのは日本が世界で浮上することです。経済が沈没しているのに年金をきちんと分配する仕組みをつくってもそれは小手先の改革です。それよりも日本を本質的に改革すべきです。

任期満了の総選挙は盛り上がりませんが、次回選挙は盛り上がるでしょう。みんなが投票すれば日本は必ず変わります。

早速4曲ほどダウンロードしてみました。amazonの1クリックばりの
便利な購入方法、ダウンロードの速さ、全く問題なしです。

ただ現時点では曲が少ない。これは今後の拡大に期待です。
ソニーも早く参加して欲しい。自社の製品や音楽配信サービスが
ネックになるのであれば、未来がないかも。

あと金額は高いですね。アルバム1枚2000円も取るのでは
レンタルCDの方がいいですよ。オンライン配信は店舗も在庫も
いらないんだから、もっと安くてもいいはず。音楽業界にとっては
今後の儲けが減る可能性があるので慎重になっているのでしょう。

でもとりあえず無事に日本でも開始してくれて満足です。


Apple iPod 20GB [MA079J/A]

石油高騰の恩恵を受けて石油会社の業績が伸びています。世界の純利益ランキングではシェルやロイヤルダッチシェルのような石油メジャーがベスト5に入っていますし、中国の石油会社も非常に好調です。

石油はいずれなくなっていくものですからこれから需要が急増する中国にとって石油の確保は国策でもあります。中国の石油会社は代表的な会社が3つあり、それぞれ上場しておりますが基本的に子会社上場で親会社は国営というバックボーンです。今話題の米ユノカル買収に名乗りをあげている中国海洋石油もバックに国営親会社がおります。

私が保有しているのは中国株で最もメジャーな銘柄といえるペトロチャイナです。ペトロチャイナは米国の著名投資家バフェットが投資したことで一躍有名になりました。同社は中国最大の油田大慶油田の権益を持っています。ニューヨーク証券取引所にも上場しています。

最近中国の石油会社の勢いはすごく、世界中のいろいろなところで採掘を行なっていたり、権益を買いあさったりしています。スーダンのような過去内戦があった治安が悪くて他の国が手を出さないような地域にも手を出しているのが中国だったりします。アグレッシブですね。

さてペトロチャイナですが8/1にとうとう7香港ドルの壁を突破しました。PERは12.68倍ですから成長していることを考えるとまだまだ上値を追えそうです。証券会社はこんな感じのレポートを出しています。

http://stock.searchina.ne.jp/news/disp.cgiy=2005&d=0801&f=stockname_0801_016.shtml&type=news

しかしながら現在の株価とPERを考慮すると、他にも割安な銘柄がたくさんある中、これ以上買うかどうかは検討中です。ちなみに私がこの株を仕込んでいたのが3〜4香港ドルの時で、平均購入価格は3.65香港ドルなので非常に良い時期に買えたと思います。


中国株二季報2005年夏秋号

人民元が米ドルに対して切り上げられて今後為替の自由化への
道が開けたことは歓迎すべきことですが、その他にも取っ払って
欲しい規制があります。

それは人民元から外貨への両替規制です。中国に旅行にいくと
人民元への両替をしますが、そのときにもらえる両替証明書が
もとの外貨への再両替するときにも必ず必要です。

もし両替証明書をなくすと人民元を使い切るしか手段がなくなります。
日本国内では人民元を円に両替してくれる業者が(たぶん)いません。
よって現時点では非常に使い勝手の悪い通貨だといえます。


小富豪のための 上海<人民元>不思議旅行

カレンダーを見てみるともう8月なのですね。小中学生のころはもう夏休みが1/4も過ぎてしまったのか!と思ってた記憶があります。

そろそろ夏休みの計画を立てないといけない時期ですが今年も去年に引き続き香港に行こうと思ってます。GWも計画してましたが諸事情で結局キャンセルしてしまいました。

ひと通り観光はしているので特に行くところもないのですが、グルメとショッピングでぶらぶらして、気分次第で深曙Vかマカオに行こうと思ってます。ディズニーランドもできたようなので時間があればいってみます。香港の雰囲気をまた味わえるかと思うと今からワクワクします。

それと今回は香港のHSBC(香港上海銀行)に口座を作ろうと思っています。
目的は下記の2つです。

1)いろんな種類の通貨に投資できること
2)利益に対して非課税なこと(厳密には日本の法律で20万円まで)

今のところ利用しているのはUFJ銀行(メインバンク)、内藤証券(株売買用)、野村證券(外貨MMF用)の3つですが、取引の幅を広げるためにHSBC以外にもいくつかの金融機関の口座を開くことを検討中です。

小富豪のための香港金融案内

このページのトップヘ