最近自炊を始めた。

といってもご飯を作るのではなくて本を電子化。これを最近自炊という(由来は不明)。

やろうと思ったのは持っている本が300冊以上となって本棚に入りきれず、溢れでてきたから。あと雑誌なんかでもハーバードビジネスレビューなんかは保存したい記事が多いですが保管することが難しかったので。

で早速これを買いました。


カール事務器 ディスクカッター DC-210N
カール事務器 ディスクカッター DC-210N
クチコミを見る

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
クチコミを見る

裁断機は色んな種類があり、本格的なものは4万円ぐらいしますが1万円ぐらいのものを買いました。これを使ってまずは本を解体します。なかなか切れ味もよく、良い買い物だったと思います。

で解体した本をスキャナを使って取り込む。これが4万円ぐらい。Scansnapはスキャナとしては非常にできていて下位機種を持っていましたがより高性能のものが欲しかったのと現在持っているものはMacでは使えなかったので新しいものを買いました。

ス キャンの速度は速い速い。300ページぐらいの本でも5分とかかりません。その後で読み込んだ本をOCR認識するのに5分ぐらいかかります。裁断の時間も 5分ぐらいなので計15分、裁断はスキャンしている時に並行してできるので10分で1冊電子化できるぐらいのペースです。

で読み込んだ本はkindleとiPadで読んでいます。さすがに紙の方が読みやすいのは間違いないので1回読み終えた本を電子化していますが、十分読めます。

特にkindleの表示は電子インクなので紙とほとんど変わりません。表示を簡単に変更することができないので今のところkindleで読めるのは文庫本や新書に限られますが紙の時と同じ読み心地です。ページをめくるのが楽な分、紙よりも読みやすいぐらいです。

iPadは普通の液晶画面なので目が疲れるので長い本を読み続けるのは少しつらいですね。一度読んだ本を参照するには良いですが。

今のところ20冊ぐらい電子化しました。ハーバードビジネスレビューなんかは場所をとっていたので電子化して床スペースが空きましたし、投資負担は5万ぐらい必要ですが部屋が広くなることを考えるとリターンは大きいと思います。東京は家賃が高いですからね。

結構おすすめです。