台湾一周は難易度も低く正直どんな格好でも行けると思うが今回持って行って便利だと思ったものを書いておく。


・カリマーのエアポートプロ

これは40Lのサイズのスーツケース。バックパックで行こうと思ったが舗装されている道だとキャスターが付いている方が圧倒的に楽なのでこのスーツケースにした。

これが便利なのはいざとなったら背負えること。背面にリュックの肩紐が隠れている。今回台風19号の直後に行ったので日月潭のホテルまでの道のりはスーツケースが引ける状態ではなかったのでこれを背負って歩いた。背負ったのはそれぐらいだが、いざとなったら背負えるという安心感は良い。

あとは表面に取り外し可能な小型リュックがついているので街歩き用のバッグは持たずにこれ一つで旅行可能。リュックは容量もそこそこで複数のポケットやカラビナをぶら下げることができるフックなどもたくさんついていて街歩きには十分。

カリマーなので丈夫だし機能性も抜群で最近の旅行はもっぱらこれ。ちなみに機内持ち込み可能なサイズでもある。


カリマー エアポートプロ40R ブラック



・パタゴニアのレインシャドージャケット

これは雨具 兼 防寒着。旅行の際は毎回持って行っている。台湾は雨が多いので結構役立った。旅行に傘は持って行きにくいので。

日月潭ではサイクリングの最中に大雨が降ったがリュックにこれを忍ばせておいたので頭と体の大部分は守ることができた。

このジャケットはゴアテックスに似た素材で雨は通さないが服の内側の蒸気は逃すことができる。脇の下にはベンチレーションがついているので蒸れず非常に快適。


 


・モンベルの超薄型フリース

台湾は日本に比べて暑いが機内や鉄道での移動、雨、建物の中など寒いシチュエーションは結構多かった。その時はフリース。パタゴニアのレインシャドーとこのフリースは圧縮パックで小さくたたんで常にリュックに入れておいた。





・ ノースフェイスのバーブパンツ

旅行中のパンツはこれ。非常に伸縮性があって快適。柔らかく伸びる素材なので暑ければヒザまでまくれる。そしてベンチレーションが付いているので外の空気を取り入れることができ蒸れない。自転車やトレッキングなどいくつかアウトドアのシチュエーションがあったがこれを履いているおかげで快適だった。デザインも落ち着いているので街中でも問題なし。


 


・メレルのカメレオン5

靴はこれ。完全防水、ゴアテックス使用なので蒸れにくく快適。山歩きでも地面をしっかりグリップして安定していた。クッションが効いているので街中でも歩きやすくデザインもそこそこ良い。

雨に何回か降られたが日月潭のサイクリング中の雨はこれで防げるレベルではなかったのでその時は完全浸水。蒸気は抜けるが水は抜けないのでバケツのようになってしまった。その時以外は大活躍だったと思う。おすすめ。


 


その他に役立ったものはこんな感じ。

・カラビナ

2本100円でセールしていたもの。カバンに引っ掛けて荷物を吊ったり、洗濯物を干したりするときに活躍。

・iPhone & Kindle & USBバッテリー

まあ当然か。昔の旅行と違って雲泥の差。次に止まるホテルを探しながら移動してた。USBバッテリーはマスト。iPhoneが戦闘機だとしたらUSBバッテリーは空母である。エネループのものを持っていったがほぼ毎日使った。

・メディキュット

足が疲れたときはホテルでメディキュットを履いていた。あまり流通してないが一応メンズのものが売ってます。ホテルで寒い時や安宿のベッドで肌を露出して寝たくない時にも使える。

・ヘインズのbeefy T-shirt

厚手でヘコタレないTシャツ。安くて丈夫。毎日着てた。難点は厚手のコットンなので乾きにくいこと。頑張って乾かしてたけど。スポーツ系のものだともっと便利かもしれないが今のところ良い物を知らないので今回はこれ。次回はパタゴニアとかノースフェイスの機能性ウェアを試してみようかな。

・ユニクロの下着

エアリズムのインナーを持って行ったが乾きやすいしかさばらないので最高。


今回はこんな感じ。敢えてMVPをあげるとすればノースフェイスのVerb Pantだと思う。

荷物はスーツケースに半分ちょっとぐらい。この荷物で1ヶ月でも2ヶ月でも旅行はでると思う。当然洗濯しながらではあるが。

靴、パンツ、スーツケースと足元を固めていったので移動は非常に楽だった。アウトドアメーカーは偉大だ。